Loading

ニュースリリース

2022年09月21日

9/23(祝)郡役所まつりに八女流が出展します

9/23(祝)~24(土)の2日間にわたって開催される郡役所まつり。
八女流は23日(祝)に旧八女郡役所で八女杉であそぼうと題して端材を使った積み木づくり&あそびを出展します。

詳細は こちら をご覧ください。
2022年09月14日

八女熟杉の御朱印帳、御城印帳のクラウドファンディングが始まりました

TNCテレビ西日本のドキュメント九州で当社が取り上げられた「八女杉 50年を切る」をきっかけに木製御朱印帳を製作していた会社から八女熟杉でぜひ作りたいとお声がけをいただきました。

 

表紙と裏表紙が天然木で作られていることから木目が一つずつ異なり、世界に同じものが無い完全オリジナルなものになります。

 

神社仏閣やお城を巡る旅行の合間に八女杉の特徴である美しい木目を感じていただけると幸いです。

八女熟杉御朱印帳と御城印帳はクラウドファンディングMakuakeで現在募集中です。
応援よろしくお願いします。(締切は10月30日)

八女熟杉の「御朱印帳」「御城印帳」を職人が製本 日本産八女杉の美しさをお届け
https://www.makuake.com/project/yamesugi_gosyuin/
2022年09月05日

台風接近による臨時休業のお知らせ

平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、心から御礼申し上げます。

台風11号接近のため、9月6日(火)は臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いします。
2022年07月27日

お盆休暇のお知らせ

平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、心から御礼申し上げます。

お盆の休業日につきまして下記の通りお知らせさせていただきます。
お取引様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いします。

お盆期間休業日:8月11日(木・祝)~8月15日(月)
8月16日(火)より、通常営業を開始いたします。

※お盆休業中に頂いたお問合せについては、8月16日(火)以後に順次回答させていただきます。
2022年07月13日

木の地産地消と家具の使い捨てを無くすことを目指した「もくわく(八女杉)」、ふるさと納税での取り扱いを開始しました

木の地産地消と家具の使い捨てを無くすことを目指した木製家具、もくわく(八女杉)を4月より
もくわくオンラインショップで販売しています。
大きさの異なるもくわくを組み合わせることでお子さんの学習机⇒ワークスペース⇒キッチン台
⇒テレビ台など生活スタイルの変化に合わせて様々な使い方をすることができます。
 
リンク: モクワクオンラインショップ

このたび、公式オンラインショップに加えて八女市へのふるさと納税返礼品にももくわく(八女杉)
が加わりました。
福岡県最大の森林面積を持ち、江戸時代から続く歴史ある林業地八女のスギを生活に取り入れ
ませんか?

針葉樹ならではの軽さと優しい肌触りが生活スタイルの変化に合わせて使い方を変えながら
あなたの生活に寄り添います。

リンク: ふるさとチョイス

 

2022年04月26日

ドキュメント九州「八女杉 50年をきる」が再放送されます

八女流が取材を受けたドキュメント九州「八女杉 50年をきる」が再放送されることになりました。
森林面積は福岡県最大でかつては枕木や電柱材として日本の近代化を支えてきた八女杉ですが、近年はその存在感が薄れています。
再び八女の山と街をつなげる循環型林業の構築を目指して八女流が取り組む姿がじっくりと取材された番組です。
たくさんの人に取材にご協力いただき、地域の産業を残すことの意味を考えていただくきっかけにもなると思いますので是非ご覧ください。

放映時間
TNCテレビ西日本 5月2日 24:45~24:55

 

2022年04月25日

採用ページを公開しました

採用ページをengageに作成しました。
 https://en-gage.net/yameryu_jobs/
ご応募お待ちしています。

2022年04月01日

業務拡大に向け、代表取締役を募集しています

面白法人カヤックグループの一員として福岡県八女市で主に製材業を営む地域商社
株式会社八女流では業務拡大に向け、一緒に代表取締役として経営してくださる方
を募集しています。


【国内製材業は、販路を失っている】
日本に住み家を建てようと考えた場合、住宅展示場に行きハウスメーカーの提案を
受け、家を建てることが多いでしょう。そこで使われる木は外国産がほとんどです。
もう少し頑張る方は、設計士に頼んで家を建てます。その上で山や自然に興味のあ
る方は、木材にもこだわりを持ち地元の木材を指定してくれます。

国内の中小製材業は販路を失ってしまいました。社名が「◎◎木材」であっても、
実質的には工務店として製材業以外を行っていることも。例えるなら「肉屋のコロ
ッケ」。肉よりもコロッケのほうが売れてしまう。
しかもコロッケに使っている肉が、自分たちの肉ではなかったりします。肉は先代
が販売しているけれど、継ぐ予定の息子からするとコロッケメインじゃないとやっ
ていけない。そんな状態です。

そんな中私たち八女流は、近くのハウスメーカーさんに一括で床板を納品できてい
ます。これは非常に珍しいことです。地元の材を使いたいと考えているハウスメー
カーさんが、地元の材を使いたいとお声がけいただけました。


【地域商社を見据えつつも、まずは製材業を伸ばしたい】
カヤックのグループ会社になった理由は、古いと思われがちな地域産業を、新しい
視点で活性化し、地方と都市とをつなぐ存在となるためです。製材業だけにこだわる
つもりはありません。とはいえまずは製材業を伸ばす必要もあります。

具体的には、私たちが加工する「八女杉」の販路を開拓する必要があります。工務店
で営業をやっていました、住宅を売っていたので工務店の気持ちはわかります、という
方は「八女杉の販路開拓」という観点からは即戦力でしょう。逆に、製材業に全く関係
ない方は難しいかもしれません。
国産材の使われ方への問題意識を持っていて、経験は問わない、ぐらいがちょうど良い
かもしれません。

ご応募お待ちしております。

【求める人物像・スキル】
・「八女杉」の販路開拓によって製材業を伸ばせるイメージがある方
・将来的に地域商社を見据えた経営ができる方
・国産材の使われ方への問題意識を持っている方

※製材業の経験は問いません

詳細・エントリーは こちら よりお願いいたします。





1 2 3 4